カードローンの返済方法は何種類くらいありますか?

カードローンの返済方法は、一般的には「残高スライド方式」と「月々定額返済」になります。残高スライド方式とは、リボルビリング払いの一つになります。

毎月の返済日み借入残高が確定され、借入残高に応じて返済額が変わる方式です。

例えば、借入残高が50万未満なら月々の返済は2万円、10万未満なら8千円、など段階的に返済金額が変わります。

無理の無い返済が出来るといったメリットがありますが、返済期間が長くなり利息をいつまでも払うことになるというデメリットもあります。

これとは別に、月々定額返済というものがあります。こちらは、借入残高に関係無く毎月決められた金額を返済します。

月々定額返済の場合は、完済までの期間が残高スライド方式に比べると短い期間で済むというメリットがあります。

借入残高が少なくなって、手元のお金で全額返済出来る場合には「翌月一括返済」が出来ます。

少しでも早く完済してしまったほうが利息を払うのが少なくて済みますので、借入残高が少ない場合には多く採られる返済方法です。